英文ライティングを活かした仕事

英文ライティングを活かした仕事

グローバル化が進む現在では、英語のスキルを求める企業は多く、小学校でも英語を取り入れた授業を行っているところが増えてきました。

聞く・話す・読む・書くと基本的なことではありますが、文法も異なる英語に苦手意識を覚える人も少なくありません。

世界共通語である英語が分かるようになったら、活躍の場も一段と広がるものと思います。

コミュニケーションを図るのに欠かせない会話力に加え、近年注目されているのが英文ライティングです。

英文ライティングを活かした職業として、翻訳家の他に外資系や商社、英語教師などの仕事があります。

翻訳は英文をただ直訳するのではなく、その国の文化を理解した英文ライティングが必要となります。

外資系や商社で海外の人と関わる場合には、メールや契約書類の作成などは全て英語でのやり取りとなります。

報告や連絡事項などメールでのやり取りは多く、英語での文章力が問われます。

どの職種も英文ライティングの能力を最大限に発揮できると共に、充実感とやりがいを得られる仕事だと思います。

注目されているTOEICとは

英語に携わる仕事をしている場合には注目度の高いTOEICですが、英検のように級が定められている訳ではなく、就職活動をする際には資格になるのか迷う人も多いのではないかと思います。

TOEICとはリスニングと英文リーディングにより、英語でのコミュニケーション能力を測定する検定試験といえるでしょう。

英検と違い合否がある訳ではなく、点数により自分のレベルが把握できます。

企業によっては条件としてTOEIC何点以上と設定しているところもあり、就職活動の際には資格と同じ位の効力があるものと思います。

転職やキャリアアップのために、更なるレベルアップを図り2007年にTOEICSWというテストがきました。

SWとはスピーキングと英文ライティングのことで、ビジネスにおいて実践的な英語力を測定することができます。

英文ライティングを学ぶ

言っていることが分かっても、自分の意見を上手く伝えられないという人は多く、スピーキングと英文ライティングはビジネスにおいて欠かせない部分だと思います。

TOEICSWへの注目は更に高まることでしょう。